Join The Sportlyze Community!

new experience for Sports fan engagement

エレクトロニック・スポーツ分析 S p o r t l y z eの新たなる挑戦

近年注目を浴び、話題の的となっているエレクトロニック・スポーツは、2018年アジア競技大会で正式種目化され、2020年東京オリンピックでも認められつつある。 調査会社のNewzooによると、現在13億人ほどの人口がエレクトロニック・スポーツにまつわる知識を持っており、2020年には18億人にまで増える見通しだと発表した。並びに5.3億人がエレクトロニック・スポーツを観戦し、うち52%が18~34歳であり44%が自身が参加していない競技を観戦すると予測されている。 エレクトロニック・スポーツ選手は近年最も興味を示されている職業だとし、電子スポーツ発達会社であるSportlyze社は今後の競技効率を改善や、選手の増長の為にもデータや資料を用いた見解をする必要性があると述べた。 フットボールなどの実際に身体を使ったスポーツでも、勝利の為に相手チームの映像や資料を多面な分野で分析・研究のために保存されているように、Sportlyze社は各選手の動きやプレイの様子を解析・保存しチームの弱点を把握し改善させる為のテクノロジーを開発した。 *Sportlyze社による実際のプレイを解析している様子 エレクトロニック・スポーツでも同じように、実際に身体を使ったスポーツと同じようなデータ収集や効率上げなど、多彩な面での研究や解析が必要であり今後のプレイヤーや解説者、実況者、またゲーム開発者にも有用なデータを割り出す為に必要だと考える。 コーチによる選手へ弱点改善や強みを引き出すトレーニングの為にも、このような解析は扇になるのだ。